腸内細菌とその種類

腸内細菌とその種類

腸内細菌,種類

腸の中に存在している腸内細菌にはいくつかの種類があります。
一つは腸の中で活発に活動している善玉菌と呼ばれるものです。

 

善玉菌は腸内細菌の中で一番多くなってほしいもので、種類としてはビフィズス菌であったり、乳酸菌腸球菌などがあります。

 

これらは腸の中で、酸性の物質を生成して腸の中にあるバイ菌を消毒してくれる効果や、腸内でビタミンを生成して、腸の中の消化管の免疫を高めていくことが可能になっています。

 

これらの善玉菌が不足すると腸の中で、便の腐敗などが始まってしまいますので注意が必要です。

 

また善玉菌とは逆に悪玉菌というのもあります。
これはウェルシュ菌などあまり聞き慣れない菌が多いのですが、これらの悪玉菌は腐敗を進行させる有害物質であったり、がんになる可能性がある物質を作ってしまいます。

 

ですので、大腸がんなどになるという人はこの悪玉菌が増えることが原因となって、引き起こされています。

 

この悪玉菌は年齢とともに増えやすくなっているので高齢になっていくにつれて増殖しすぎないように注意が必要です。

 

もうひとつの腸内細菌の種類として日和見菌というのがありますが、これは基本的には何もしないですが、悪玉菌が増えると悪玉菌になるので注意が必要です。



FTPソフト