悪玉菌と生活習慣について

悪玉菌と生活習慣について

日ごろの生活で腸内細菌を気をつけていくにはやはり食事も重要ですが、それに加えて生活リズムも大切になってきます。

 

腸の中に存在する腸内細菌の一つで、体に悪影響を与える悪玉菌というのは不規則な生活をしていくことによって増えていきます。

 

悪玉菌が増えてしまうと便が腐敗してしまう原因や便秘になってしまう原因にもなるので注意が必要です。

 

また不規則な生活の他にもストレスであったり体の中に便をため込むことや、悪玉菌の栄養素となるタンパク質や脂質がおおめの食事をしていると増えてしまう原因になります。

 

また悪玉菌が体のなかで増えすぎてしまうと、本来何も機能しない日和見菌という菌に悪玉菌を感染させて、日和見菌に悪玉菌の働きをさせてしまいます。そうすると、一気に腸の中の悪玉菌が増えてしまいます。

 

こうしたことが原因で腸の中の病気になってしまったり、大腸がんになってしまうので注意が必要です。

 

また悪玉菌は年齢とともに増えやすい環境になっていくので年をとっているという人は悪玉菌が増えにくいようにするか善玉菌を増やしていく必要性があります。

 

しっかりとした健康的な生活を送っていくことで悪玉菌の増加を防いでいくことが可能になっています。


FTPソフト